トップページ > 私たちの取り組み > 東京湾第三海堡 > 第三海堡構造物の保存

私たちの取り組み -東京湾第三海堡-

第三海堡の保存・公開

東京湾第三海堡とは、東京を防護するため東京湾口に設けられた砲台を設置するための人工島です。明治25(1892)年の着工以来、当時の土木・建設技術を結集して30年間に及ぶ難工事の末、大正10(1921)年に、竣工しました。しかしながら、わずか2年後の関東大震災によって崩壊し、海中に没してしまいました。関東大震災で大破した第三海堡は、その後も波浪により崩壊が進み、半ば暗礁化してしまいました。第三海堡は浦賀水道航路に接しているため、付近の水域では海難事故が多発するようになり、航路の安全を確保するため、第三海堡を撤去し水深23mを確保する工事が始まりました。

撤去工事は平成12年(2000)から平成19年(2007)に亘って実施されました。その間、撤去構造物の内、大兵舎と呼ばれる構造物はうみかぜ公園に移設され、探照灯、砲台砲側庫、地下通路、観測所と呼ばれる4つの構造物が、追浜展示施設(民有地)に保存・展示されていました。

しかし、撤去工事終了後の展示施設の維持が難しくなったということで、移設場所がなければ、この貴重な遺産が廃棄されるとの話が伝わり、ぜひ追浜地区内に残したいとの声が起こりました。 しかし、いずれもかなりの重量物で陸上輸送が出来ず、海上輸送でクレーンのアームが届く範囲にしか移送できないなど、困難な条件がさまざまありました。

関係者の努力によって国(国土交通省)と横須賀市の協議が整い、夏島都市緑地内に移設され、保存・公開されることとなりました。(移設は探照灯、観測所、砲台砲側庫。地下通路は運搬に絶えられないとして移設されません)

夏島都市緑地の周辺には、貝山緑地、貝山地下壕、夏島貝塚、明治憲法起草の地の碑などの歴史遺産、日産自動車追浜工場、住友重機等の産業施設、他にアイクルや海洋研究開発機構等が存在することから、第三海堡構造物もこうした地域資産と連携し、活用をはかることが求められています。

第三海堡遺構の一般公開について

1.ご予約無しの見学日

毎月第一日曜日が一般公開日です。(ただし、1月のみ第二日曜日とします)
ご予約無しで10:00〜16:00まで見学できます。
入場は無料ですが、このたびガイド料も無料としました。
場内は自由に見学できますし、ご希望によりガイドも致します。
なお、見学等パンフレット『東京湾第三海堡物語』 1部300円 発売中です。

【悪天候等による対応について】

台風や集中豪雨等の恐れのある場合は、第三海堡の一般公開を中止します。
当日の開催状況は、横須賀市コールセンター(TEL:046-822-2500)へお問い合わせください。
※お電話をおかけの際は、番号をよくご確認の上、くれぐれも間違いのないようご注意ください。

2.団体見学申込みについて

第三海堡の団体申込みは随時受け付けています。
ただし、団体でのお申し込みの場合は、特にプログラムを組んでご案内しますので、資料+ガイド料でお一人500円をお願いします。
お申し込みは、ホームページのお問い合わせからどうぞ。
団体名、代表者と連絡先、おおよその人数、ご希望の日程をお書き下さい。
日程は出来るだけご希望に合わせるように致します。

3.第三海堡遺構展示場への行き方

  • 最寄り駅は京急線の追浜駅です。駅からは離れているのでバスのご利用が便利です。
  • 追浜駅前の1番バス乗り場から、「日産自動車」行のバスで終点の追浜車庫前下車です。
    日曜日でも15分に1便程度はあります。
  • 乗車時間は約10分。 ※交通事情によって異なります。
  • バス停から前方に5分ほど歩いて下さい。左側に展示場があります。
  • バス停から歩き始めると、右手にお城のような「アイクル」(横須賀市リサイクルプラザ)が見えますので、それを目標にして下さい。アイクルを越してすぐです。 (アイクルとは道路を挟んで反対側になるので、アイクル側に渡らないで下さい)
追浜の歴史遺産 東京湾第三海堡物語 〜見学のしおり〜

『追浜の歴史遺産 東京湾第三海堡物語 〜見学のしおり〜』

<掲載内容>
はじめに〜保存された第三海堡〜/海堡の歴史/海堡建設の恩人たち/第三海堡の建設/第三海堡建設にあたって今に残る遺跡/第三海堡の活用と追浜のみどころ/年表

※見学会の際に配布します。
※こみゅに亭カフェでも販売しています。(1部300円)