トップページ > 私たちの取り組み > 東京湾第三海堡 > 第三海堡の特徴

私たちの取り組み -東京湾第三海堡-

東京湾第三海堡の特徴

第三海堡は、完成から2年後に発生した関東大震災によって壊滅的な被害を受け、ほとんどの構造物が海中に没し暗礁化して航路障害となっていたことから、船舶航行の安全を確保するために、平成12年度から平成19年度にかけて撤去工事を実施しました。

第三海堡建設は、当時の世界最先端の技術を導入したプロジェクトであり、アメリカ陸軍から自国の海堡建設の参考にするため、資料提供を求められたほどです。第三海堡は、不幸にして関東大震災で甚大な被害を受けましたが、その建設技術は今日の海洋・港湾建設技術の基礎となり、多大な経験と教訓を与えてくれました。

第三海堡の想定復元図

第三海堡の想定復元図

関東大震災での被災後、撤去工事時の状況

関東大震災での被災後、撤去工事時の状況

撤去工事の様子

撤去工事の様子


※写真及びデータの提供:国土交通省関東地方整備局東京湾口航路事務所