トップページ > 私たちの取り組み > 追浜とトンネル

私たちの取り組み -追浜とトンネル-

追浜とトンネル

現在の梅田隧道

横須賀市はトンネルの多いまちです。険阻な山に囲まれた谷戸と呼ばれる地域が多く、生活のためや軍事施設用に明治以降多くのトンネルが掘られました。なかでも追浜には多くのトンネルが存在し、道路トンネルだけでも16を数えます。

時代を追ってトンネルの建設をみると、海沿いから内陸、さらに丘陵地へと変遷していることが分かります。これはおっぱま地域の市街地開発の歴史にも重なり、追浜とトンネルとの深い関係が分かります。

追浜の歴史遺産 貝山地下壕 〜見学のしおり〜

『追浜トンネル物語』大人の散歩・散策のしおり

<掲載内容>
なぜ追浜にはトンネルが多いのか/追浜トンネル変遷図/追浜地区のトンネルと出来事/トンネル豆知識/追浜のトンネル年表/梅田隧道の資料

※こみゅに亭カフェでも販売しています。(1部200円)
※表紙の写真は、横須賀市で最も古い梅田隧道(明治20年開削)の当時の姿です。